2016年5月28日土曜日

Wander over Yonder シーズン2 ラストラン

ここしばらく新エピソードのなかった北米Disney XDの"Wonder over Yonder"ですが、週明け5/30から再開するようですね。 で、このまま順調に行けば6/27にはシーズン2の(そしておそらくはシリーズ全体の)フィナーレを迎えるようです。

Wonder over Yonderの新エピは長らく追えてなかったんですが、ここ最近でようやく追いつけました。 いやーしかし、シーズン2には本当にいろいろなエピソードがあってビックリした!

シーズン2の最初のエピソード"The Greater Hater"で登場した新たなヴィラン、ロード・ドミネーター。

すっかり迫力がなくなったヘイターに比べると、ドミネーさんはシャレの通じない凶悪なヴィランっていう感じ。 しかも中身が超気まぐれな若いねーちゃんだから余計にタチが悪い。

どうでもいいけど、ドミネーさんもワンダーやヘイターと同じく、足元はスニーカーに白のスポーツソックスなんですね。 なんだろう、アッチの宇宙ではこういうフォスターズ・ホームのウィルトみたいな格好が正装なんだろか。

ただ、"The Greater Hater"以降、意外としばらくドミネーさんの出番はなかったんですよね。 その間、いつも通りのWoYといった感じでした。

で、ワンダーの思いつきに端を発した"The Battle Royal"以降、いよいよドミネーさんが本格的に宇宙を支配する時代に入っていったわけで。

それにしても、このあたりのエピソードは本当にクリエイティブというか、もうスタッフがヤケクソになってるんじゃないかと思うくらい挑戦的なものが多くてビックリした!

"The New Toy"では突然の実写映像が! その後のギャグももう、うっとうしいくらいの天丼っぷり!

"The Cartoon"では絶妙にドシュールなクラシックアニメが! このBGM、ずっと聞いてると気が狂いそうになるわww

"The Legend"ではまさかの鉄人28号ネタが! あと、お姉ちゃんの方のお話の絵柄はこれ、Noelle Stevensonですよね。

こうして見るとほんとに攻めてたなあ。こんな攻めてる作品が打ち切りになるのはもったいない。

基本はギャグなので、まあ気楽に見て楽しめるんだけど、 シーズン2後半では確実にみんながドミネーさんに追い詰められていくような、息苦しい感じが少しずつ伝わってきていいですね。

ドミネーさんから逃れるためにこんな界王様の星みたいなところで暮らすハメになってしまったヘイターとオウサム様。 オウサム、こんな状況でも結構楽しそうじゃないかww

一方、あのシルヴィアさんすら、一度心折れて実家に引き揚げてしまう。

シルヴィアさんって、元ヤンキーで辺境の星出身ってあたりが妙にリアルなキャラでいいですね。 この話もなんというか都落ちみたいな味があって良かったです。

なんだかんだ言ってまだ希望を捨ててはいないワンダーたちだけど、ドミネーさんは今やマグマの力に加え氷の力も手に入れてしまったわけでして。 さて、こんなのにどうやったら勝てるんだろか・・・??

5 コメント:

Sgt. Takao さんのコメント...

オウサム様好きですわぁー(^^)
はちゃめちゃな感じが面白そうなのに、打ち切りはもったいない。

バッククォート さんのコメント...

オウサム様も、よその作品にはいそうでいないナイスキャラですよねー。

この自由な作風はほんとスゴいと思ったんですが、なかなか難しいですね。

Rty Qwe さんのコメント...

この勢いと迫力は打ち切り寸前の作品とはとても思えませんねー
このカートゥーンは初見ですけれど、ロード・ドミネーターのキャラは結構気に入ってます(^^)
Adventure Timeは好きなんですが、「The cooler」でPBがスパイ活動を止めて丸くなり出したのが残念です(今でもあのエピは単なるバットマンのパロディーだと思いたいです(==))
毒々しくてエゴイズムなキャラは好きなんです

バッククォート さんのコメント...

PBもドミネーさんもエゴの強いキャラということでは共通してますねえ。

ドミネーさんはほんとトガったキャラで良かったですね。
この後のエピソード"The Night Out"でもドミネーさんはほんとワガママで、純度100%の悪って感じでしたね。

Rty Qwe さんのコメント...

PBに関して言えば、千年後のキューバーの物語ではまた別の方法でスパイしているようで安心?しました(^^)

コメントを投稿