2011年1月8日土曜日

El Tigre (エル・ティグレ)とそれを巡る日本での動き

なんかむつかしいタイトルになりましたが、エル・ティグレについて書きます。

正式名称は"El Tigre: The Adventures of Manny Rivera"。クリエイターはSandra EquihuaとJorge R. Gutierrez夫妻。 ニコロデオンで放送されていましたが、例によっててきとーなところで打ち切りになったみたいです。 ま、細かいことはおいといて。

マニー(変身前) エル・ティグレ(変身後)

内容は、主人公のマニー・リヴェラがスーパーパワーを持つ"エル・ティグレ"に変身して大暴れ!って感じです。 濃いギャグとアクションが多めで、ノリはパワパフとかイン・ヤン・ヨー!に近いかも。 ただ、アクションシーンのスピード感と、なんていうか、魂を激しく揺さぶられるアツい演出は他作品を圧倒してると思ってます。

あとEl Tigreの最大の特徴は、舞台がメキシコで、作品のそこら中からメキシコ臭がすることですね。 大半のキャラがスペイン語訛り(多分)で話すし、メキシコの食べ物ネタとか多い。 "El Tigre"がスペイン語で"The Tiger"の意味であるように、ほとんどキャラの名前にスペイン語が使われてます。 音楽もだいたいメキシコっぽい音楽。ああいうのなんて言うんだろう?マリアッチ?よく分かりません。

ホワイト・パンテラ(マニーの父親) プーマ・ロコ(マニーの祖父)

ちなみにマニーの父親・ロドルフォはスーパーヒーローの"ホワイト・パンテラ(White Pantera)"に変身するし、 じいちゃんはスーパーヴィランの"プーマ・ロコ(Puma Loco)"に変身(てか、ロボットに搭乗)する。 ロドルフォは将来マニーにヒーローになってほしいんだけど、じいちゃんはヴィランになってほしい。 当のマニーはどうするか全然決めてなくて、ある時はエル・ティグレに変身して悪人をしばいたりするんだけど、 別のある時は銀行強盗したりする、っていう設定です。

ホワイト・パンテラやプーマ・ロコ以外にも魅力的なヒーローやヴィランが山ほど出てくるのが楽しいです。 その辺はおいおい紹介していきたいです。

で、日本での状況ですが、Total Dramaシリーズに比べると、少ないなりに日本語の情報はあります。ちょっとググってみました。

  • junquito's じゃんく絵
  • junquitoさんのブログ。当時メキシコにお住まいだったようで、英語 + スペイン語吹き替えで見てらしたようです。

  • トゥーン日誌 @ サンタクルズ
  • massangeanaさんのブログ。El Tigre前半エピソードのレビューがあったり、スタッフのブログのまとめがあったり充実してます。

  • Akashic Smile: フリーダかわいい
  • 冷雨さんがフリーダ人形作った!という記事。クオリティ高いっす。

  • EL TIGRE実況プレイ
  • PS2版のEl Tigreのゲームを実況プレイするぜ!という動画。こんなかんじ。

    うp主は原作のことを1ミリも知らない感じですね。全部は見てないですけど、グラフィクスはこなれてるし音楽もいい感じ。 フリーダやブラック・クエルヴォを操作できたりもするみたいですよ。まあゲーム的には所詮この手のゲーム化でよくある劣化マリオだけど。。

2 コメント:

Ayako N さんのコメント...

メキシコ風アニメってめずらしいですね。

キャラクターは何度も見たことあるけど、中身はほとんど知らいなあ…

あとゴーグル着けたヒロインのデザイン、結構すきです。

バッククォート さんのコメント...

かなり個性的なデザインなんで、一度見かけたらわりとすぐに覚えちゃいますね。

ゴーグルのヒロインが噂のフリーダです。フリーダいいですよね!
フリーダの良さは設定を並べても伝わらないと思うのでレビューしながら書いてくつもりです。

コメントを投稿